Ayuriニットサロンと初夏

皆様、こんにちは Ayuriニットの小田島綾美です。

久しぶりの更新になってしまいました。

皆様、お元気ですか? 私は元気です。

お陰様で今月もAyuriニットサロンには、お客様がお越し下さり楽しく過ごしております。手芸店にも出勤させて頂きました。

最近では、半数のお客様は手編みの資格取得の学習の為、通って下さっております。ハンドメイドを仕事に考えいるお客様や、将来の為に基礎からしっかりと習得とお考えの方も多く、皆様、真剣に取り組まれておりますので、私も身が引き締まる思いです。

連日開催させて頂くことも多く、自宅編物教室、ひっそりと1名様か2名様をお迎えしております。

土、日もひっそりと開催しておりました。お越し下さったのは、手編みの資格取得の為にお越し下さった常連様です。

初夏にぴったりのかき針編みのプルオーバーをお召しになっていらっしゃいました。

とても素敵だったので、写真を撮らせて頂いたのに...ピントはアイスラテに...

今はコットンとシルクの混合糸、『アトリエKs’K オーツ』という春夏の新作の糸でたっぷりサイズのベストを地模様で編まれています。こちらは実は棒針編み入門コースの課題の作品、お客様の要望を伺い、テキストにも沿って編んで頂けるよう、工夫しております。課題の作品もできるだけ好きな糸やサイズで編みたいですよね。

昨日もAyuriニットサロンにお越し下さり誠にありがとうございました。

土曜日も手編みの資格取得の為にお越し下さった2名様でした。

先日はAyuriニットサロンにお越し下さり誠にありがとうございました。

まだ今月もありますが、今月、Ayuriニットサロンにお越し下さったお客様、楽しいひとときでした。誠にありがとうございました。

自宅の2階で、お子様連れのお客様は1階で開催しております自宅編物教室ですが、2階で開催中、2名様目のチャイムに気づきにくいということが起きております。音は最大にしておりますが、レッスン中、聞こえづらいことがございます。

大変お手数をお掛け致しますが、チャイムを押しても反応がない場合は、私の携帯電話に電話または空メールを頂けると助かります。

どうぞよろしくお願い申しあげます。

先日いらっしゃったお客様は、『ダルマ 笹和紙』で編んだ帽子を気に入って下さり、次回より併用して編まれるそうです。笹和紙の帽子は私もとても気に入っております。お揃いでバッグもいいですよね。お客様もバッグも編まれるそうです。夏にとても重宝しますし、自分の頭回りに合わせて編めるというのが嬉しいですね。

上記写真は、色番はライトブラウン№2 私は6玉使用しました。ご希望の方はお気軽にお声がけください。シックな仕上がりでおすすめです。手編みの帽子は購入すると高額ですよね。自分で編みましょう。材料費は3,500円くらいでしょうか。色も沢山あります。色々な糸メーカーさんより素材がでていますので、一番のお気に入りで編みたいですね。

帽子もバッグもかたち、素材と自由に編みたいですね。

ダルマ SASAWASHI<笹和紙>|DARUMA 手芸糸 ダルマ毛糸 編物 編み物 手編み 春夏糸 手作り 材料

私は夏用に帽子を2年に一度くらいのペースで、色違いで編んでおります。黒、娘用にピンクも編みました。ピンクもすこしシックな感じで、そろそろピンクはいいかな…と言っていた娘も気にっておりました。今年編むとしたら、ブラウンも良いなと妄想が膨らみます。

お揃いで編んだオリジナルバッグも『ダルマ 笹和紙』で色番は先程の№2 ライトブラウンと黒の№8を使用しデザインはオリジナルでかぎ針編みの編み込み、分散増減の技法で好きな大きさに編みました。

底は『ハマナカ バッグ底』より編み始め、底鋲もつけました。

裏地、厚めの接着芯をはり、バック底も入れて仕立てました。昨年編んだバッグですが、シンプルで定番であるようなデザインにしましたので、今年もお気に入りで使用しております。

実はダイヤ柄つながりでロングカーディガンもあります。

2017年『毛糸だま夏号』に掲載の岡本啓子先生デザインのワンピースを参考にロングカーディガンにアレンジして編みました。

透け感を重視して、モチーフの編み図からアレンジしております。ロングカーディガンの糸は『ダイヤ マスターシードコットンクロッシェ』です。光沢もあり編みやすく、素敵な糸でした。

ダイヤ毛糸 マスターシードコットン<クロッシェ>

Ayuriニットのオリジナルニットは娘と連想ゲームのように楽しく話しながらデザインし、ひとり黙々と計算し、編みました。

Ayuriニットのデザイナーは小学生の娘です。Ayuriオリジナルニットのデザインの決定権は小学生の娘にあり…私にはありません…娘が3歳のときよりそのようなかたちでお世話になっております。Ayuriは私の名前のAyuと娘の名前のriを合わせております。

初夏らしく...夏用に編みたいものは沢山ありますが、オーダーの仕事も落ち着き、英文パターン(日本語訳)の靴下も3足編み上がりましたので…重い腰を上げて、こちらの続きですね。かごの中で1ヶ月ほど待機しておりましたアラン模様のニット...

誰が書いたのでしょう...英文パターンより理解不能な走り書きの製図と割り出し...

1ヵ月前の...私です...

『趣味で編むニットの製図、割り出し、丁寧に書こう』教訓ですね。

再度書き直しまして、編みましょう。

初夏もウールと戯れて…秋になりそうな私です…それは、それで、初体験…楽しそうですかね…

こちらも娘がデザインの最終決定権のオリジナルニットです。

つづく...