秋の楽しみとお客様完成作品

皆様、こんにちは、いつも無沙汰してしまうAyuriニットの小田島綾美です。

秋の気配が次第に濃くなってきました。この時期は、毎年、嬉しくなってしまいます。柔らかく、あたたかい毛糸で編む時間が、本当に楽しいですね。

この時期は、ただただ編むことを楽しみたい私、本の通りに、シェットランドレースを編みました。読書のような、連続ドラマを見ているような楽しいひと時で、毎日、自分のペースで編み進めます。

三國万里子さんのデザイン 「編みもの修学旅行」に掲載 モヘアの四角ショールを編みました。糸は、以前購入したモヘアとシルクの混合糸を、編んでいて癒されます。

同じ模様で正方形に編んだら、4辺から拾い目をします。

こんな形になりました。

更に本の編み図通りに編み進めます。

時に、縁編みを編んでいると…本体での編み間違いに気づき、最小限に部分的にほどき直して、ほっと一安心です。

無事に縁編みコーナーを曲がりました。一人楽しみながら、、、編み進めていきます。私にとっては、物語のようで、面白いのです。

最終章は、ブロッキングして完成です。

編んだ期間は1ヶ月弱でしょうか、とても楽しい編物時間でした。編む過程を楽しんだのに、軽やかで上質なショールが完成している、これだから編物はやめられないですね。本当に魅力的です。

先日、自宅編物教室にお越し下さったお客様の完成作品です。

素材はモヘアとシルクの混合糸、atelierK’sKの「ドラジュ」で編まれました。

「楽しみなんです」とおっしゃりながら、編まれていたニットが完成、とても嬉しいですね。


風合い良く、軽やか、上質なニットが編み上がりました。

お客様のご希望で、atelier K’sK のパフリ袖のプルオーバー のキットとドラジュ を追加で購入され、タートルネック のニットにアレンジされました。

お客様が書かれた製図、割り出し通り素敵に完成です。
atelier K’sKキットと模様を上手にいかされて感心でした。棒針編み講師認定コース の最後の課題作品でもあります。

これからの季節、着られるのが楽しみですね。

棒針編み講師認定コース修了もお疲れ様でした。そしておめでとうございます。私も嬉しいです!

9月もAyuriニットサロンにお越し下さったお客様、誠にありがとうございました。編物を通してご一緒させて頂き、楽しいひと時でした。

今月のお客様と1日レッスン、お昼休憩のひとコマ、美味しいものを食べ、好きなものを編む、秋は、楽しいですね。