編物時間とAyuriニットサロン

皆さん、こんばんは、Ayuriニットの小田島綾美です。

今の時期の編物時間は本当に楽しいものですね。

仕事が終わった夜の楽しみに、お茶と一緒に編まれている方、お子様が寝た後のほっとした時間に編まれている方、夫婦で晩酌中に編物を楽しまれている方、公園で青空の下、お散歩と編物を楽しまれている方、全てお客様から聞いた私が印象に残っている素敵な編物時間です。

私の編物時間は、朝1番と午後のひとときにお茶とお菓子と編物を楽しむことが幸せな時間です。後は隙間時間に編んでいますかね…編み途中の作品はかごに入れて、一緒に移動しています。

朝1番の編物時間は、朝の家事が始まる前に落ち着く時間です。今日も、手があって編めることへの喜びと、朝に編物ができるということは、何はともあれ昨日も無事に過ごせたことの証明のようで、嬉しい気持ちになります。

先日、模様の柄を一回り小さくしたいと、ほどいて、始めから編んだ編地も少しずつ進んでおります。すべり目を使ったとても簡単に編める模様です。こちらの模様は昨年の秋の毛糸だまの表紙のベストの模様で、素敵だなと思っておりました。素材も色も本とは変えて、模様の目数や段数も糸の太さや好みに合わせて調整して編んでいます。上記写真は主人のネックウォーマーを編んでいます。靴下もこの柄で主人に編みたいなと思っております。2号の棒針で編んでいるので、薄地で軽やかに温かさを目指して、内側は濃いグレーのメリヤス地とダブルの仕立てにしたいと思っております。

先日、昨日とAyuriニットサロンにお客様がいらっしゃいました。いつもAyuriニットサロンにお越し下さり、誠にありがとうございます。

先日は常連様とマンツーマン楽しいひとときでした。

先日いらっしゃったO様はかぎ針編みのプルオーバー完成です。初めてのウェアとは思えない仕上がりです。

フルタイム勤務と子育てをされながら、お仕事を終えての夜の編物時間が、癒しの時間とおっしゃるO様、いつも細かなところまで、しっかりと確認されて編まれていて、それが作品の仕上がりの綺麗さに反映しているのだと思います。

昨年より棒針編みも始められ、色々なものを併用して編まれているO様、先日は疑問点にお応えしながら、次に編み始められるカーディガンのゲージの編み方、サイズの調整方法などをお伝えしました。サイズの調整の基本的な方法を知っておくというのは、好きな素材、サイズで編めるようになることですので、便利です。

昨日も常連様とマンツーマン楽しいひとときでした。

手編みで編まれているセーターの疑問点にお応えしながら、昨日は機械編みのスカートのベルトの編み方でした。

ベルトはお客様に合わせてサイズを調整、6枚はぎ、カノンはぎしながら編んできたスカートとベルトを合わせていきます。

いつも手編みで素敵な作品ばかり編まれているH様、機械編みは今回が全くの初めてです。ここまで編めているという事だけで凄いですよね。完成間近です。

お茶の時間は「一緒に食べましょう」と花豆を頂きました。ご馳走様でした。

常連のH様より「Ayuriニットサロンのケーキも楽しみなんです。」と嬉しいお言葉、有難い限りです。

今は新型コロナウイルスの影響でお休みしているAyuriニットサロンの手づくりケーキのサービス、再開の時期はまだ未定ですが、来年あたりには、常連様やお客様と手づくりお菓子とお茶と編物時間の日々が戻る事を望みたいです。

Ayuriニットサロンには手づくりお菓子を食べれるお得な特典がひとつあります。

Ayuriニットサロンにご入会頂きますと、月謝袋をお渡ししております。

ご入会は無料で、入会申込用紙をご記入頂きます。通うペースはお客様それぞれ、月に1回という方が多いですが、年に3回、月に2回とか秋冬のみですとか、皆さま、ご自身のペースでお越し下さいます。勿論、1回のみワークショップのような利用も歓迎しております。

こちらの月謝袋は、講習費を入れて頂き、講習1回につき1つスタンプを押させて頂きます。12個貯まりますと、2時間の編物講習3000円が3時間の手づくりお菓子つき講習4500円にグレードアップ致しますので、1500円相当の特典が受けられます。

貯める期限も使用期限もありません。貯まっている常連様は月謝袋を捨てずに保管くださいね。手づくりお菓子サービスが再開しましたら、張り切って、手づくりお菓子を焼きたいと思います。